神戸市西区にある伊川谷病院へのお電話での受診ご予約・お問合せは、078-974-1117まで

一般病106床 救急労災指定病院

ホーム   求人案内  サイトマップ
ホーム当院について
診療科目
外来担当医表を確認する
アクセスお問合せ スミレ会グループ

乳腺外科

HOME>乳腺外科

乳がん検査について

乳がん検査について

乳がん検査

診察室

マンモグラフィ、乳腺超音波、CT、MRIなどによる各種画像検査、
またそれに対する細胞診、針生検(画像ガイド下吸引式針生検も行っています)等を
駆使し、放射線科、病理医と連携し、専門医による正確・迅速な診断を
心がけております。

診療機器のご紹介

マンモグラフィ (SENOGRAPHE 800T:日本医学放射線学会の仕様基準を満たした乳房X線撮影装置)

マンモグラフィ (SENOGRAPHE 800T:日本医学放射線学会の仕様基準を満たした乳房X線撮影装置)

乳房専用のX線撮影です。
触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した
微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法です。
しかし、乳腺が密な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、
しこりを見つけるのが難しいことがあります。

※当院では、日本乳癌学会の乳がん検査の「精密検査実施機関基準」の条件を
満たしています。

超音波 (日立Apron EUB-7000HV 2台、日立EUB-7500、東芝Nemio SSA-550A)

超音波

乳房に超音波をあてて、組織からの反射をとらえて画像にし、
わずかな濃度の違いで病巣を診断します。
マンモグラフィに比べて小さなしこりや石灰化の診断が困難ですが、
しこり内部の構造が鑑別しやすく、乳腺が密な若い人の診断にも
使うことができます。

CT (東芝メディカル Aquilion16)

CT

CTの検出部を16列と多列化にすることにより、
患者様の息止め時間の大幅な短縮を実現し、
高精細な三次元画像を得ることが可能になりました。

MRI (日立ECHELON)

MRI

高性能の1.5テスラのMRIを用いて、
乳がんの多発、乳管内への広がりなどの評価を行い、
治療前または治療の効果を、より正確に診断できます。

VACORA生検

超音波ガイド下の生検には、通常の針生検以外にVACORA(吸引補助下生検装置)を導入します。
小さな傷で十分な量の生検が行えるようになり、より確実で精度の高い診断ができ、治療の個別化に役立ちます。

  • 担当医師の紹介
  • 乳がん検診について
  • 乳がんの治療について

診療案内
検査の案内

伊川谷病院

一般病床106床 救急労災指定病院

〒651-2111
神戸市西区池上2丁目4番地の2
TEL 078-974-1117
FAX 078-974-1157

アクセス 病院紹介