神戸市西区にある伊川谷病院へのお電話での受診ご予約・お問合せは、078-974-1117まで

16列CTマルチスキャンについて|乳腺・乳がん検診・神戸市西区 伊川谷病院

ホーム   求人案内  サイトマップ
ホーム当院について
診療科目
外来担当医表を確認する
アクセスお問合せ スミレ会グループ

16列CTマルチスキャンについて

HOME>16列CTマルチスキャンについて

16列CTマルチスキャン導入しました。

コンピューター断層撮影装置16列MDCT(Multi Detector-row CT:マルチスライスCT)の導入しました。
今回はこの16列MDCTについてご紹介いたします。 
従来のCTはシングルスライスヘリカルCTと呼ばれ、X線管球に対する検出器が1列でしたが、今回のMDCTはテーブル移動方向(体の長軸方向に複数の検出器が配置されているのが最大の特徴です。16列ということは16個検出器が並んでいることを意味しています。)
このことにより従来と比べ極めて短時間(単純に計算して16倍の速度)に、また、管球や検出器の性能向上により、これまで以上に詳細なデータの収集が可能となりました。
マルチスライスCTは胸~骨盤まで十数秒で撮影できるため、今まで何度も息を止めたりしていたのがほぼ2,3回の息とめで検査を終える事ができるようになり、患者様の負担もかなり軽減されています。
さらに、はじめから0.5ミリ~3ミリの厚さで撮影していますので、数ミリの病変を描出することも可能です。


診療案内
検査の案内

伊川谷病院

一般病床115床 救急労災指定病院

〒651-2111
神戸市西区池上2丁目4番地の2
TEL 078-974-1117
FAX 078-974-1157

アクセス 病院紹介